性能とデータ Point04 省エネルギー性

step1 FPの家について
step2 完成までの流れ
step3 工法と構造
step4 性能とデータ
step5 厳しい測定と基準
04 注文住宅“FPの家”性能とデータ Point04 高い省エネ性で環境にもやさしく、経済的なオール電化住宅を実現。
高断熱・高気密の「FPの家」はオール電化との相性が抜群。
 
高性能の住まいだからこそオール電化を推奨。
 
安心で快適な暮らしを営むうえでますます注目を浴びているのが、暖房、給湯、調理など、家庭で使うすべてのエネルギーを電気でまかなうオール電化住宅です。ここ数年、新築住宅におけるオール電化の普及率は年々高まる傾向にあります。しかし"オール電化"とひとくちに言っても、そのシステムや使われる機器類は地域や気候によってさまざまに異なります。また肝心のエネルギー効率も、住宅の性能によって大きく違っているのが現状です。オール電化で本当に快適な暮らしを営むためには、ランニングコスト(電気代)が安く済む"高性能住宅"であることが何よりの条件なのです。

■熱損失係数(Q値)による省エネルギー比較
火やガスを使わないため、火災やガス漏れの心配が軽減できる。
給湯器の音が静かなので、深夜でも気にせずにお風呂に入ることができる。
ススや燃焼ガスが出ないため空気を汚さず、クリーンな室内環境を保つことができる。
IHクッキングヒーターは煮炊きが早く、吹きこぼれてもお手入れが簡単。
深夜電力を利用すれば、電気料金が安くて済む(電力会社との契約によります)。
化石燃料である石油やガス製品に比べて、地球環境にもやさしい、など。
とくに小さなお子さんやお年寄りのいるご家庭では、スイッチひとつで簡単に操作できる手軽さが、安全と安心につながります。
 
このように多彩な魅力がある一方で、断熱・気密化工事が不完全だと、同じオール電化省エネルギー住宅でもエネルギー効率に大きな差を生じてしまいます。しかし、室内の温度を一定に保つことのできる断熱性の高い住宅では電気エネルギーを効率よく利用でき、気密性が高ければエネルギーのムダも少ないのです。したがって高断熱・高気密の注文住宅「FPの家」はオール電化との相性も抜群。だからこそ、自信をもってオール電化をお薦めできるのです。
 
安全性と経済性を両立。
 
プランニングの過程でオール電化住宅を考えるとき、イニシャルコストはもちろん、ランニングコストについても気になるものです。とくにアパートやマンションからの住み替えでは居住スペースが広がるぶん、使用する電気量も増えると考えられるからです。 しかし高性能の「FPの家」なら、イニシャルコストとランニングコストの両面で割安になります。年間の光熱費もガスや灯油を併用した場合に比べ安く済むことが実証されており、安全性と経済性の両立が可能です。
 
オール電化の設備と仕組み(一例)
イメージ
イメージ
step1 FPの家について
step2 完成までの流れ
step3 工法と構造
step4 性能とデータ
step5 厳しい測定と基準